大切なペットのためのお薬


キウォフプラス猫用


パモ酸ピランテル:ピランテルは動物の消化管からは吸収されにくい性質を持っているので安全性の高いお薬です。腸管内の線虫類(回虫、糞線虫、鈎虫)などに広く効果があります。
幼若虫は口が小さく、薬剤粒子が取り込まれにくく効果が少ないと言われています。そのため、さらに成長し口が大きくなった時に再投与して駆虫する方法が推奨されています。これが期間をあけて再投与が指示される理由になります。寄生虫の神経接合部位で脱分極神経遮断を起こすことで麻痺を起こします。
フェバンテル:フェバンテルはプロベンゾイミダゾールというプロドラッグです。プロドラッグとは投与されると生体内で代謝作用を受けて薬理効果のある物質に変化する薬剤のことです。体内に取り込まれるとプロベンズイミダゾールからベンズイミダゾールに変換されます。寄生虫のエネルギー産生阻害、フマール酸還元酵素阻害、グルコース転移阻害、βチュブリンと結合して微小管の重合を阻害することで効果を発揮します。条虫に効果のあるお薬です。
猫の入手元としてペットショップのほか、保護猫や元野良の猫さんを入手される方も多いでしょう。人間ではほとんど聞かなくなりましたが、野外で過ごす猫さんでは寄生虫の感染はまだまだ多く起きています。こうした猫さんをお迎えする際は必ず駆虫してあげるとよいですね。
猫に多い寄生虫としては瓜実条虫があります。日本における猫の感染率は1.4~51.4%と報告されています。成虫は卵の詰まった白い袋(片節)をちぎって糞便に混ぜますが、この袋は1cmほどあるので肉眼でも観察ができます。うんちの中でも動いて見えるのでハエの幼虫と間違われることも多いです。瓜実条虫はノミの体内で幼虫の状態で感染しています。ノミの寄生を受けている猫さんが毛づくろいなどで摂取することで感染が成立してしまいます。
猫回虫もよくみられます。卵が含まれる土を舐めとってしまうことで感染し、幼虫が大人になる過程で肺や目などを通過した際に様々な症状を引き起こします。気管にも移動してそこからまた腸管に入る性質があるのですが、咽喉頭にきたところで違和感を覚え吐き出すことがあります。猫がそうめんのようなものを吐いたということで飼い主さんが驚いて受診されることも多いです。
中には筋肉で成長をストップさせて休眠状態に入るものもおり、駆虫薬がそこまではとどかず効果がないことがあります。こうした休眠状態の猫回虫は宿主である猫の免疫力がなんらかの原因で落ちたときにまた腸管内に移動してきます。腸管にいれば駆虫薬でやっつけることができますが、どのタイミングで休眠していたものが出てくるかは予想できません。定期的な駆虫は新たな寄生虫の感染を予防するとともに、休眠状態の寄生虫をやっつけるという目的もあるのです。
マンソン裂頭条虫は瓜実条虫とは違い、幼虫はノミではなくネズミのような哺乳類やカエルやカメ、蛇などの小型の動物に潜んでいます。野外で狩りをする猫ではこれらの動物をマンソン裂頭条虫とともに飲み込んでしまい感染します。成長が早くサイズも大きいので栄養不良や食欲の亢進などを引き起こします。全国にマンソン裂頭条虫は存在しますが、小型の動物が比較的すくない市街地は少ない傾向にあります。反対に都市近郊で自然が残っているところ、田園地域、農村地域ではよくみられます。人間にも感染することがあり、幼虫が筋肉や皮下を移動することで発熱・疼痛・痒みをもたらすマンソン裂頭条虫幼虫症(孤虫症)を引き起こします。
このように猫の寄生虫を駆虫・予防することは飼い主である人間の健康を守ることにもつながるのです。

キウォフプラス猫用


キウォフプラス犬用


メーカーはサヴァヴェット社で、ジェネリック薬を多く取り扱っているインドの製薬会社です。
犬に寄生する犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫を駆除するドロンタールプラスのジェネリック商品です。使いやすい20錠、特に仔犬の時期にお薦めです。
有効成分のプラジカンテルは主に条虫や吸虫に効果を発揮します。これらの虫体に取り込まれると、カルシウムイオンの流入を促進します。取り込まれたカルシウムイオンは吸虫や条虫の筋肉収縮と外皮の変形をもたらし駆虫します。
有効成分のパモ酸ピランテルはピランテルは線虫の駆除に効果を発揮します。線虫の神経接合部という部分に作用し痙攣を伴う麻痺を生じさせます。
コリンエステラーゼという神経伝達に必要なアセチルコリンを分解させる酵素を抑制する作用も持つため、回虫は拘縮し駆虫されます。多くの線虫に効果を発揮しますが、鞭虫には無効です。
有効成分のフェバンテルは動物の体内に取り込まれれウト、線虫や条虫に効果を発揮するフェンベンダゾールが形成され、駆虫効果を発揮します。こちらのお薬は鞭虫にも有効です。
犬でよくみられる線虫感染症には、犬回虫症が挙げられます。犬回虫は土中にいる虫卵を知らず知らずのうちに舐めとってしまったり、感染しているお母さんから子犬にお腹の中で感染(胎盤感染)してしまったり、授乳を介して感染してしまうこともあります。
このため子犬子猫には感染しているものとして虫体が成熟して汚染源になる卵を産出する前の生後4週以内に1回目の駆虫を予備的に行うこともあります。
回虫は体内で脱皮を繰り返しながら気管支に移動し、最終的に再び腸にたどりついて大人の虫になります。幼虫が体の中を動いているときは移動する先々でさまざまな症状を引き起こします(幼虫移行症)。
とくに子犬では激しい症状を起こすことがあり肺炎、脳炎、失明などを招く場合もあります。
犬鞭虫症も同じく線虫の仲間である犬鞭によって引き起こされる感染症です。犬鞭虫は体内移行を起こさないので、盲腸に寄生して下痢や栄養を取られることによる削痩、出血を伴う粘液便などを引き起こします。
条虫症では瓜実条虫による感染がもっとも一般的でしょう。瓜実条虫はノミの体内にひそんでおり、瓜実条虫いりのノミをグルーミングなどで飲み込んでしまうことで感染してしまいます。多数の条虫の寄生を受けた場合は腸炎、下痢、体重減少などを示します。
感染してしまった時は条虫自体の駆虫をすることはもちろん、同時にノミの駆虫をすることも再感染予防に必須です。
人間、特に幼児での感染も知られているので人への感染を防ぐ意味でもしっかり駆虫は行いましょう。

キウォフプラス犬用

このページのトップヘ